池田工芸のクロコダイルって偽物なんでしょうか?

池田工芸,偽物

 

高品質なクロコダイルの革財布を販売しているという池田工芸

 

ふっくらとした仕上げのクロコダイル財布はまさに唯一無二の存在感を放つアイテムですね。

 

そんな池田工芸ですが、池田工芸をネットで検索すると「偽物」という文字が出てきます。

 

池田工芸,偽物

 

これは一体どういう事なのでしょうか?

 

もしかして池田工芸のクロコダイルは実は偽物なんじゃ・・・?

 

この記事ではそんな疑問に答えています。

 

 

池田工芸のクロコダイルは偽物なのか?

 

結論から言うと、池田工芸は正真正銘本物のクロコダイルを使用しています。

 

なぜ本物と言い切れるのか?理由を見ていきたいと思います。

 

 

池田工芸はJRA(全日本爬虫類皮革共同組合)の認定を受けている。

池田工芸,偽物

 

クロコダイルは非常に希少な素材ですので、ワシントン条約で輸入が規制されています。

 

全日本爬虫類皮革共同組合の認定を受けているというのは、正規のルートで輸入されたクロコダイルである事の証明になるんですね。

 

この認定は型押しなどの偽物のクロコダイルでは絶対に下りないので、池田工芸のクロコダイルは正真正銘の本物であるという事がいえますね。

 

 

本物の証!穿孔(せんこう)を確認

 

数あるワニ革の中でもクロコダイルは最も価値の高いワニ革です。

 

しかし日本ではクロコダイル以外のアリゲーターのような安いワニ革とクロコダイルがごっちゃになっている場合もあります。

 

たまに通販などの安物を購入すると、低品質なアリゲーターをクロコダイルとして売っている事もあるんですね。

 

アリゲーターとクロコダイルを見分けるポイントの一つに穿孔(せんこう)があります。

 

池田工芸のアイテムをよ〜く見てみると鱗の1枚1枚に小さい点があるのがわかります。

 

池田工芸,偽物

 

これは穿孔(せんこう)と呼ばれる器官でアリゲーターにはない特徴の一つになります。

 

池田工芸のアイテムはこの穿孔が確認できるので、本物のクロコダイルであるという事がわかるんですね。

 

※穿孔は着色方法や加工方法によって見えなくなる場合がありますので、全てのクロコダイルに当てはまる見分け方ではありませんが、一つの指標になる事は確かです。

 

 

老舗だからこそできる。エルメスと同クオリティのクロコダイル

 

クロコダイルがワニ革の中でも最もクオリティが高いという事は説明いたしました。

 

そして実はクロコダイルにもシャムクロコダイルや、ナイルクロコダイルなど様々な種類のクロコダイルがあります。

 

その中でも池田工芸で使われているクロコダイルはスモールクロコダイル(ポロサス)という種類のクロコダイルで、最も品質が高く希少なクロコダイルだとされています。

 

池田工芸,偽物

 

ポロサスは全クロコダイルの中でも14%程度しかない非常に希少な品なんですね。

 

池田工芸,偽物

 

誰もが知る高級ブランドのエルメスのバーキンにはクロコダイルのモデルもありますが、バーキンに使われているのもポロサスになります。

 

こういった事からも、池田工芸のクロコダイルは、正真正銘最高クラスのクロコダイルだという事がわかります。

 

 

まとめ

 

池田工芸が偽物なのか?という疑問について見ていきましたが、以下の理由から池田工芸は本物であるという事が言えます。

 

  • JRA(全日本爬虫類皮革共同組合)の認定を受けている。
  • 本物の証である穿孔(せんこう)を確認できる
  • エルメスと同レベルの最高級クロコダイル(ポロサス)を使用している。

 

こういった事からも、検索の候補に「偽物」と出てきたのは、池田工芸が本当に本物を扱っているのか不安になって調べた方がいるからと言えるでしょう。

 

 

当サイトでは他にも池田工芸に関する記事を扱っています。