池田工芸の小銭入れに関して

池田工芸,小銭入れ

 

池田工芸は長財布が有名だったりしますが、小銭入れも用意されています。

 

小銭入れというとあまり馴染みのないアイテムかもしれませんが、メインの財布がスッキリしたり、ちょっとしたお会計に便利だったり実は非常に便利なアイテムだったりもします。

 

また、小銭入れの無いシンプルな札入れと持っても、財布の状態を薄く、綺麗に保つ事ができます。

 

池田工芸には小銭入れが2種、札入れが1種用意されていますので、見ていきたいと思います。

 

 

コインケース

池田工芸,小銭入れ

 

こちらは非常にシンプルなコインケースになります。

 

中に入るのはほとんど小銭のみ。自販機での買い物やコンビニのちょっとした買い物はこれで全く問題ありませんね。

 

池田工芸,小銭入れ

 

ボタンでワンタッチで開くタイプなので、最もスムーズに会計ができるのがこのコインケースです。

 

こんな光景を見た事ってないでしょうか?

 

コンビニでコーヒーを買うときに、バッグから長財布を取り出して、長財布を開き、ファスナーを開けて小銭入れとにらめっこしながら、財布を振りつつ、ジャラジャラと音を立てて100円玉1枚と10円玉2枚を探し出す。
その間後ろにも列が出ていて何だかあたふたしてしまっているようなおじさん・・・

 

たかがコンビニの会計とも思いますが、ハッキリ言ってまったくスマートではありません。

 

女性が男性に求める大事なものの一つに経済力がありますが、これは何も単純に収入が高いという数字の問題でもないんですね。

 

収入なんてものは通帳を見なければわかりませんので、お金の扱い方の方が大事になってきます。

 

コンビニでのちょっとした買い物に小銭をジャラジャラ探す男性と、小銭入れをポケットからサッと取り出してスムーズに支払う事が出来る男性。

 

どちらがスマートなのかは明らかですよね。

 

自分をスマートに見せたいのであれば、小銭入れは必須アイテムと言えるでしょう。

 

池田工芸,小銭入れ

 

 

マルチウォレット

池田工芸,小銭入れ

 

小銭入れだけだとさすがに収納が少なすぎると感じる方にはマルチウォレットもおすすめです。

 

小銭の他にもカードやお札を折りたたんで入れる事もできる収納力が魅力的なんですね。

 

池田工芸,小銭入れ

 

こちらもちょっとした買い物に使う事ができますし、免許証なんかも入れておけば、これを持つだけでドライブに行く事もできますね。

 

また、カードが何枚も入る収納力もありますので、メインの財布に入れるには少し野暮ったいカードをここに入れるのも良いのではないかと思います。

 

ポイントカードや病院のカード、TSUTAYAのカードなどはやはり生活感が出てしまい、自分をスマートに見せるには適さないカードです。

 

そういったカード類はこのマルチウォレットにまとめて入れてしまって、メインで使う財布にはプラチナカードやブラックカードなどステータス性の高いアイテムを入れるようにしましょう。

 

 

ビルケースウォレット

池田工芸,小銭入れ

 

こちらの長財布はカード入れと札入れのシンプルなつくりになっており、小銭入れは用意されていません。

 

また、池田工芸の長財布でもこのアイテムだけは一枚革で仕立てられており、もっとも高級感を感じるアイテムとなっています。

 

小銭入れがない事により様々なメリットがあるんですね。

 

  • 小銭で財布がかさばらない
  • 財布が膨れない為、型崩れしない
  • スマートに見える
  • 風水的のもお札と小銭はわけた方がよい

 

スーツの胸の内ポケットに入れる際には、小銭入れ無しの薄型の長財布がとても映えますね。

 

厚い財布を入れておくと、胸の所がふくらみすぎて不格好に見えてしまいます。

 

また、小銭入れが無い為、多めにお札を入れても薄さを保つ事ができ、見た目にもスマートです。

 

池田工芸,小銭入れ

 

このビルウォレットは、デートなどでいい感じのレストランに行ったときに威力を発揮します。

 

テーブル会計でもこの財布からお札だけを出してスマートに会計を終わらせると見栄えが良いです。

 

テーブル会計のお店で小銭単位を出すのはやはりみっともないですよね。

 

また、少し多めにお札を入れて、「見せ金」にするだけでもステータスが上がる事でしょう。